試験勉強


昔は受かるために試験勉強をしていたが、今回の試験勉強で考え方が変わった。
使えるようになるための試験勉強に変わった。
大人になってから気が付いても遅いかもしれないが、これが本来の試験の意味なのかもしれない。
試験に受からないといけないから勉強するという目標とそれを目標とすることで学んで身に着けていく。
実力があるから試験を受けるだけでなく、実力を付けるために勉強して試験を受ける。
上を目指して学んでいくことで試験という結果より大事なのはそれによって使える知識を身に着けていくことなのかもしれない。
おかげで文章や身の回りの設定で少しづつ身についてきたことが自分でもわかるくらいになってきた。
周りの目は冷たくても勉強してよかったと思う今日この頃・・・
暗号化、電子署名といったPGP、SSLが身近になってきた。
セキュリティ設定も自前でできることもわかり、必要性と如何に行っていくべきかが理解できるようになってきた。
問題は便利さを失わずして如何にセキュリティを構築していくか、その後のメンテナンスを如何に誰でもできるようにしていくべきかと言うサーバーやスクリプトの作成問題点に頭を悩ますことを学んだ。
VPNによるトンネルモード、セキュリティとして組んだもののセキュリティホールの重要性、人的被害としてセキュリティを逆手に取った罠。
このシステムを作らなければ漏れることはなかった情報などとして椅子の取り合いに利用されるツールの一つとして利用される危険性など社会的問題に大きくかかわることが学べたことは自分への成長につながった。当然の様にうちの会社はパソコン嫌いが多いので表だっていい勉強になったなんていおうもんならハチの巣になるので言わんが、合間に少しだけの勉強ではあるが楽しい時間でもある昨今である。



2016年4月6日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : cgishop