青春の一環

なんと!
そうなんですか?
あーだどうしよう。
そんなことってあるんですね。
何て大変なことにー、どうしたらいいんだ。
あー、あーどうしよう。
何も変わらないなんてーー。

思いっきり棒読みやんけ!
なにいっとんだこの親父は!^^;
人生が大きく変わった人がたくさんいるもんだなぁ
人の話聞いてると俺のことかと思うことたくさんある。
昔良く思ったなー。
俺のためにあるような歌だとかどっかで見ていたのかと思うお笑いのしぐさ。
ただの偶然がごくごくたまに重なるとそう思う。
誰もが感じることだ。
これは間違いない俺のことだ!
そう言う時代が誰にもある。
ひまだからずーっとテレビ見てるからそう思うんだよな。
飛行機が落ちたとか地震で死人がたくさん出ても青春しているのは良いことだ。
羨ましい。
俺の青春は今だにパソコン。できれば楽しい。
できんとハッカーとかWindowsのせいにして、できれば腕が上がったと喜ぶ。
結構都合のいい青春だ。
インターネットの試験受けるのもその青春の一環だが・・・。
今回の試験で問題を読んで思ったのが、作ればいいんだ。
後のことは誰かに見てもらって修正すれば良いんだということに試験問題から学んで帰ってきた。
作ることで腕が上がって良くなる。見てもらってさらに良くなる。目から鱗の気分だった。

試験を最後まで受験するだけでも何かしらの勉強になることで試験料の元が取れた気がする。
最後まで受けること、試験を目標にほんとの実力を作ることが試験の本との役割でもあるようだ。
勉強してて問題から学ぶことがあるのと同じで試験から学ぶことがある。
最後までやる。できればわからなくても何か書くのが大事だとおもった。
だが、俺の最後はほんとにどーーーにもならんかったけどね。^^;;;;



2016年4月19日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : cgishop