営業

営業って難しいなぁ

ソフト、電子ブック、物販、サーバーサービスなど作って売ることはできるようになった。

サイトがあり、フリマがあり、場所と言う販路はいくらでもある。

問題は売らなくてはいけない。

売れないではなく、売らなくてはいけない。

趣味で始めて遊んでいる今は良いが独立したら売らなくてはいけない。

それを考えるとなかなか難しい。

定年してからなら年金が入るから良いとは思うがそれでもね。

逃げ道の年金がなかったらと思うとぞっとする。

生前退位で退いて陰の軍団作って裏で糸ひこうとする気なのか普通の人を死ぬ前に少しぐらい演じさせてもらいたいのかどっちかわからんが法改正に数年かかるといっとるわけだから死ぬまでそのままだと言われとるようなもんだ。

そう思いながらテレビ見てたが、鶴の一声で売れる人も居る。

郡上八幡に行った。それだけで天皇が寄った店として写真一枚で客が飛び込む。

ノリタケの森もそうだ。できたときに天皇が来た。ということで大騒ぎだ。

俺が行くと・・・閉店。おい!時間前だろう。ってことになりかねんからいかんがね

そう考えると芸能人とか何かのイベントとか財布を緩くすることを考えることが大事なんだと思った。ボーナス時期や小遣いの入った時はゆるいゆるい^^。

Webマーケティングだけでなくリアルな戦略として考え直さんといかんと思った。

定年までに世界征服の戦略練って、死ぬまでに世界征服。

ネットで金持ちになって政治家になって政略結婚して世界征服。

中国ビジネスが危なくてもインド、ベトナム、タイ、フィリピンなどのアジアン雑貨は有名だ。

そのうち販売システムもできて中国のようにいながらにして買えるようになるはずだ。

世界征服も夢じゃない。

インターネットを主要産業とした小さな島国もできている時代だ。

下手すりゃ国だって持てる。

実際のとこそこまでは要らんけどね。

 



コメントを残す