同姓同名

ネットでたまに出てくる同姓同名の作家さんとはまるで関係がない職業についている自分がアマゾンで電子ブック出すようになったらどうなるんだろうか?騙し騙し売れるかなーなんて思いつつ、仕事でドライを準備。

ドライの合作ばかりと言うと青木賞作家だからと笑ってごまかす。

作家さんの賞があったばかりに笑って許せるタイミングで非常に助かった。

それはさておき、色々なことに挑戦しているが、同じ作家業でも絵だけはだめだ。

絵心が全くない。

以前にボストン美術館で絵を見たが、ルノアールとルミノールの違いも分からんかった。

血液反応でも出たか?ってな状態で笑えんくらいさっぱりわからん。

おかげでLINEクリエーターは断念した。

パソコン上でできるものは曲がりなりにもたいていの物はやるが、どうしてもできんものはある。

あと音楽もダメだな。楽譜が読めんとか機材などもわからん。

株や保険、パソコン、無線通信関連は強い。

その辺の物をネタにアマゾンで本を書こうかともくろんでいる。

たくさんページがあっても読んでもらえんかったら意味がないので適量とする予定だ。

自分が必要なとこしか読まないし、本によってはダブった内容がある。

それを考えると必要なとこだけを本にすることにしたい。

だが余り少ないと審査に引っかかる可能性があるので、どのくらいならいいのかもうちょっと調べたい。最初の数十ページで後はゴミと言う作品でも審査に通るわけだからあまり気にする必要もないとは言えるけどね。

パソコン関連の本ならたくさん読んできた。

CGIをやりながらそっち方面で力を出したいと思う。

アマゾン賞なんかがあるとしたら取れないがいろいろパチって甘ったれ賞なら獲れるぞ!

もうちょっとだもうちょっと(^^♪



コメントを残す