日記

メニュー

 

面白いドラマだった。

CGIの危険なメニューを作って俺も残そうと思う。

それらのメニューをもとに学び、自分でスパイスを配合して作り上げていく一からの手料理。

俺にとってはそれがCGIと電子ブックになる。

何でも同じだが自分で作れるようになりたいものだ。

最初はメニュー見て真似して作る。

それを改造していき構造などを学び、一から作れるように自分でスパイスの配合を考える。

一から作れるようになれば後はもっと良い方法を考えて編み出すだけで高速になったり利便性が増したりする。

でも実際の開発は、あるものを改造することが基本だ。

あるものを一から開発はしない。

ここまでよくなったんだからさらに良くするようにしていくのが今の時代だ。

家電にしろソフトにしろ改造が主体と言える。

現実は改造が主体でもできれば自分で店が持てるくらい一から学んでいく努力はしたいものだ。それが売れるようになればもっと嬉しい。

世にないものが生み出せる。自分だけのソフト。

これが醍醐味と言える。

昔からパソコンを買うと初心者用に大きなボタンが付いたランチャーが出てくる。

VBを使えばそれが簡単に作れる。

スタートアップに登録しておけばパソコン立ち上げたら立ち上がり余計なとこを触らなくていい。会社でもHTMLで作ってみたが、悪くない。

パソコンにApacheを入れているならCGIで作ってみることもいいかもしれない。

自動でブラウザが立ち上がってホームに設定しておけば触らなくていい。

XpからVistaになった時に設定変わった時は慌てた。

理由はすぐにわかった。どこでも同じ問題を抱えている。

一から作れるようにスパイスの使い方を覚えれば身近な問題だけなら意外と簡単にかたずくのが自分でできることの良さだ。

付いた知識はパソコンが変わっても環境が変わっても使える大きな力となる。

マイクロソフトのデベロッパーズネットワークのケースも持っているからそれに入れてかっこよく後世に残す形で作っておこう。

テキストベースのインタプリタだ。100年後も使えるソフトだ。^^v

コメントを残す