Remastersys

Ubuntuを使い出してからバックアップとしてオリジナルのOSが作れるということでずっと調べていた。

昔のバージョンは使えないとか不具合があるとか。

2.21から4.0、4.03といくつか試してみた。

動いたりそうでなかったりよくよく調べてみるとUbuntu以外使えないとある。

できれば他でも使えたらと考えていたら今日思いついた。

シェルスクリプトを組めばいい。

普段のOSを普通に入れて必要なソフトだけシェルスクリプトで自動化すればいいだけだ。

多少は勉強したから浮かんだが、実際に作ろうとするとまた調べなくてはいけない。

それにDebian系とRedhat系など多くのもので使える形にしたい。

そうなるとCGIで作るほうがいい。

自分だけでDebian系だけならPerlで作って実行すればいいが、他のディストリでも使えるようにしようと思うと・・・

CGIで作ったほうがいい。

たいていPERLは入っている。

定型文としてSystem関数でコマンドラインを作ってテキストファイルにしてダウンロード

それに実行権限与えてやればいいだけ。

Redhat系のディストリは調べないといけないのでこれは後回しだね。

自分が使っているDebian系だけでも結構使えるCGIとして使えるし、UCKの代わりは十分に果たせる。

むしろこっちのほうが正確に動く。

OSを入れる、端末で実行する。

これで自分の普段使っているソフトが自動でいくつもインストールされるわけだから楽になる。

UCKでやろうとしたからいかんのだ。

多分つくりはシェルスクリプトをアプリとして実現したのだろう。

シェルのままのほうがいいと俺は思う。

CGIでインストールしたいアプリの登録画面を作ってテキストデータにする。

これならWindowsアプリでも作れるね。

Redhat系も動きは同じはずなので覚えたらすぐに作れると思う。

スクリプトで自動インストール。

いくつもコマンド打つひつようもなく、再インストールの時はそれを実行すれば済む。

しかもUbuntuとは限らないわけだから便利だ。

俺のRemastersysはこれで行こう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA