麻痺してきた

最近感覚が麻痺してきた。

データーベースやらCGIを作っていて誰でも自宅にサーバーがあると思うようになってきた。

昔は、サーバーなんてどこの家にもないしプログラム組むやつなんかいないと思っていたのに

最近ではどこの家庭にもあって誰でも作れるように感じている。

できるようになったことで完全に感覚が麻痺してきた。

ホームページ作る人以外触ることのないCGIを誰でも使っているかのように感じるし・・・

ホームページ作る人だからといって改造できる人はそうそういないのにみんな改造できる気がしてきた。

サーバーは誰でも作れるしスクリプトの改造は誰でもできる。

そんな感覚に陥りだした。

CGIつけれるならパーミッションくらいわかるだろう。

昔は自分もそれすらわからなくて、いくつかのはてなにもパーミッションもわからない記事を見つける。

誰も作れないどころかパソコンの立ち上げすらわからないのが世の中なのに趣味の幅が広がりすぎて麻痺してきた。

コンソールプログラムなら作れるとかシェルスクリプトならかけるんだけどって人と同じようにこれしかできないにしろ

普通と言われるパソコンの感覚が違うことに最近違和感を感じる。

プロ級ではないにしろ昔のようにカーソルの点滅で使っていいかどうか聞くようなレベルではもうないことに自信と不安を覚える。

互換オフィースなんかただで出ているのに5000円近く出してわざわざ買う人が居る。

中古で早いのが3万であるのに遅いメーカーパソコンを自慢気に20万で買う人も居る。

それが世の中だということだね。

相当自分の感覚が麻痺していることがわかる。

時代にあったパソコン感覚に戻すよう気をつける。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA