年賀状

今年に限って喪中ばかりでほんとか???

というくらい多くどれ出していいかわからなくなった。

死んだことにして年賀状離れかも!と思ったがよくある話なので別に突っ込む気にもならない

ついでに会社の方でもコンプライアンス問題が生じ更にわからず。

個人情報の問題は数多い。

かわいい看護婦がいたと聞くとやたら早く帰る奴が居るからさらに頭が痛い。

仕方ないので来たやつだけだした。

おかげで安く済んだから不幸中の幸いと言える。

年賀状の良さを知りこの歳になってようやく書くようになったが、今までの面倒だからというのがあってやらんならやりたくない感が全面に出るという精神的葛藤が大きい。

早い話が面倒だからやだ。

でも、日本古来からの良さは行うべきだと思うし、正月早々の夢枕は自分の人生感を変えてもらえる大事なものであった。

今年も精進しつつ温故知新に学び、発展させ自分にしかできない魔法を作り出しかけて行きたいと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA