ラズベリーパイ3ModelB

ラズベリーパイ3を買ってインストールしてみた。

いくつかのブログを参考にやってみたらできた。

意外と軽い。

ただインターネット向きではない気がした。

あるサイトでSDカードFormatソフトは良いらしいとあったが・・・

ほんとによかった。

USBブートのOSを作るときにフリーソフトでたまにやらかすことがある。

USBの容量がだめになるのだ。

仕方ないのでLinuxで再度USBブート作成したらブート分だけはよくなったのだがやっぱり残りの論理部分はダメだった。

試しにラズビアンのフォーマッタを使ったら治った。

オプション設定をいじったら1ギガしか使えなくなっていた4ギガのUSBが治って使えるようになった。

いいもん拾ったって感じだ。

ちなみにWindowsのフォーマットでは治らんかった。

話がそれたがググると出てくるブログのとうり、ダウンロードしてフォーマットしてコピーすればできる。

他のOSを入れ込むこともできるようにOSを引っ張るソフトは別にダウンロードできるようになっているが、やてないので知らない

Debian系でオフイースも使えるしジェニーも使えるので格安のパソコンが作れるということになる。

テレビをモニターにしてハードオフでマウスとキーボードをジャンクで買ってきてマイクロSD買って付けてやれば格安パソコンとして使える。

1万以下のパソコンができる。しかも手のひらサイズ。

サーバーソフト入れてCGIの開発ができるようにもなる。

でかいパソコン要らんくなった。

面白そうなのでもう少し勉強してみようと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA