休日に涙の出るようなありえんだろ映

休日に涙の出るような映画をたくさん見た。

ハッピーエンドは良い。

嘘だとわかっていても心がほんわかする。

運よく出会った人が大手の社長さんで運よく出会った人が地主の娘の親で・・・

ありえんだろ。

マンガのロードバイクも眼鏡ないと高速で走れないのにみんな眼鏡無しとか

折り畳み自転車を女の子が折りたたんで2階にもっていけるような重さではないのに持って行って大事にしてるとか

家族でカルテットとか昔は超有名人でのカルテットの老人ホームで大成功

歌魂もよかった。マエストラ、リトルマエストラ、くちびるに歌を、セーラー服と機関銃卒業、図鑑に載ってない虫などなど・・・

でも所詮映画。でもこれがいいのだろう。

ハッピーエンドで涙した。

当分はまりそうだ。

ヒロイン!

家にこもってぐてーーーん。

いてーいてーと寝てるのも詰まらんのでAmazon見てたらヒロイン!って言う映画ががあった。

浪花ボンバーズ対ナンマイダーズの試合はほとんどカット状態。

浪花ボンバーズ対ボウズマルモウケなんてのもあるかと思ったらなかった。

まー何はともあれ大阪の吉本がらみの映画だけに面白かった。

笑いあり涙ありおかまありで面白かった。

レオタードぴっちりでやばそうなとこはさすがに昔の映画だけに昔はよくこんなのあったって思ったよ。

さてたくさん見るぞ。

久々の休みだからな。

世界征服

せっかく覚えたPerlだが、Perl6は失敗に終わったらしい。

開発者が全く新しく作り変えて互換性がないとのこと。

つまり普及の可能性は極めて低い。

しかもPerlの時代は終わったとされる昨今Perl6によって更なる普及の道がとだされた。

シェルに極めて近くCに近く動きがテキストレベルで高速に動作するPerl

これをCGIとして使うことでいろんなことができる。

非常に面白い。

ネットワークを今後も回れる可能性がある。

入り口があるなら出口がある。

出口があるなら入れる。

そんなネットワークの世界をPerlは楽しませてくれる。

これなら世界征服も可能かもしれんなんて思ったりもする。

少しづつだがレベルを上げているだけにWar Gameやハッカーズのような映画の話がちかづいてきた感じがする。

最近では携帯電話をわざと忘れて盗聴器代わりにすることはざらとある。

ほとんどの人が携帯電話二つ持っている時代だ。

しかも今の時代は携帯電話がパソコンだけに腕を上げれば上げただけ将来性の見込みは拡大する。

情報垂れ流し化社会だけに会社がつぶれそうな社長がこっそりあそこに逃げ込んだとか、本人が知らない間にネットに顔が載ってたとか。会社で使うとは聞いてたけど!なんて話は山のようにある。

逆手に取られて減収減益。

ハッカーはみな俺が神だというのが分かる気がする。

俺も世界征服やってみたい。^^;

「こんな古いもの・・・」

機動戦士ガンダムでアムロが親父さんに会いに行って「これを付けてみろ!」と渡された機械があった。

これを付ければ性能は格段にアップすると渡されたが、アムロとしては「こんな古いものを・・・」という思いだったのが記憶に残っている。

自分でCGIを作るようになってこれを付ければ楽になる性能がアップすると思うようになった。サーバーも作るようになり、普通にLinuxを使うようになって視野が広がったことでよく思うようになった。

だが、今までにもプロが作ったものがあり、こんな古いもの作らなくてもお金払えばあるわけだ。性能も格段にいい。でも自分で作った方が使いやすいし、タダだし、自分でカスタマイズできる。自分でできるすばらしさ達成感は最高だ。

はたから見れば「こんな古いもの・・・」その視点は正しいが、俺はそれを覆す形であるのがフリーという考え方なのかもしれないと思った。

同じものはある。無料にしてやる。さらにそこから方向性を少し変えてやることで新たなソフトにしてやるという挑戦がGPLに含まれているのかもしれないと思った。

自分の欲しいCGIは作れるようになった。

今度は、無料、有料問わず綺麗にしていきたい。

コード、デザインともにわかりやすく使いやすくきれいに・・・

良くて高そうなソフトは、一度無料版を作れないか考えてみる。

俺は遅れたものを作っている。資料を見てすでにあるものを作っている。

「こんな古いものを・・・」作っているが、有料版への挑戦でもある。

まず自分で作れるということが大事だ。

決して有料版を、プロの作品をつぶそうというわけではない。あくまで自分への挑戦である

体が熱い

自転車を一度乗ると20キロほど走る。

時間にして2時間弱だろう。

ゆっくり自分のペースでスポーツとしている。

自転車でのウォーキングといったところだ。

現実に走ると花粉症がひどくてあまり走れない。

天気がいいから走れるが天気がいいから困ることもあるのだ。

こないだサングラスが黄色くなったし^^;;;

子供のころと違って仕事のことも考え明日に備えつつ健康づくりとして始めた。

競輪選手のようにということではなく少しスピード出す程度の自転車での花見見学、気分転換付きスポーツだ。

これをやるとそれから数日、体の調子がいい。食べたのにお腹がすく。

新陳代謝が良くなるのはわかるが、夜も体が熱く。

翌日食べたのに満腹中枢が行かれたかのように食べたのにお腹がすく。

子供のころは・・・

小学校まで6年間歩いて2キロ

中学まで自転車で3年間5キロ(普通の学校指定自転車)

高校で3年間6.6キロ(スチール製ロードバイク)

この辺の人たちには考えもつかない距離だというが、結構走った。

おかげで自転車乗ると過去の新陳代謝が呼び戻されるのか一度自転車乗ると体が熱い。

燃えている。体がすぐにやせていく気分がある。

もともとロードの自転車は態勢が低いので腰に負担がかかりやすい。

走ると腰をくねるので足腰を鍛えくびれができ安いこともあって腸の調子が必然的によくなる。

走った後は必ずと言っていいほど俺の場合便秘は解消される。

つまり走り終えたら少しの間動かないのではなくあぶなくて動けない。

ジム通うより自分の場合はやせやすいのでスポーツとしてこのまま続ける気でいる。

今、夜走ることも考えている。よるといっても仕事終えてから普段着で散歩がてらということだが、めんどくさいのでなかなか動けないだろうと思っている。

少し走るだけで体にいいのは十分わかっているので要検討としたい。

木曽川沿いの自転車道を立田から犬山までつながれば自転車レースができるとか

稲沢のイチョウ並木から川沿いの堤防を走って犬山のもみじまで走るとか・・・

岩倉の桜の季節に五条川から一宮タワーまで自転車レースとか!

やれば周りの店には経済効果&通行止めによる迷惑効果がでる。

なんてビジネスモデルを考えるのは俺だけだろうか?

名古屋のマラソン見て、自転車を始めることでロードレースが思い浮かぶが、楽しく走るだけの桜の季節と紅葉の季節専門のロードレースもいいかもしれないと思った。

現実には無理だろうけどね。

エクレアは高級品

俺にとってエクレアは高級品。

あくまでただのイメージだ。

ガキの頃シュークリームは買ってもらえた。

ロールケーキとか三角形のちょこのお菓子はあったが高いから買ってもらえなかった。

細長いシュークリームにチョコがかかっただけだが、これが柔らかくてうまかった

最近のは高いのか知らんが皮が固い。やわらかくない。

最近では固いパンがはやりということもあってこれも堅いのだろうか?

俺は柔らかいのがいい。昔は柔らかくておいしい。そのイメージしかない。

最近のは高いばかりで俺としてはおいしくない。

俺のイメージは柔らかくておいしい長細いシュークリームにチョコがかかっている感じ。

正直どこで買ってもおいしくない。

俺が本物を知らないのか?イメージが悪いのか?どっちだろう。

コンビニで買うこと自体が間違っとると言われたら返しようがない。

でも本物知ったら絶対買わんくなるからある意味知りたくない。

しっとりしたバームクーヘン食ったら他のものなんか食えんかった。

逆に知った方が変なもの買わなくなるからある意味節約になるかも。

意外と甘党なので探してみるか・・・

自転車の回数増やせば問題なかろう。

サイクルジャージ

すれ違う老夫婦。何か気になる目線にやっぱり・・・の小さく聞こえる一言。

家族のことを思えば切なくて手が出ないだろうと気に病むように顔を見せるのだろうと真剣に思って心に何かが刺さるかのような思いをして買ったサイクルジャージ。なんだかんだでヘルメットなどを含めて6万くらいだった。

靴は歩くことを考えてサイクル用ではなくウォーキングシューズ。

さすがに軽い。8000円ちょっと。

でもヘルメットは2000円弱の超安物。

手袋とネック、あと眼鏡用のアイウェア。

6万まではいってない。5万は越えたな・・・

正直覚えてない。

贅沢しやがってと思うかもしれないが一度買えばバイクのようにガソリンも税金も騒音も無い。しかも健康にいい。

これだけそろえて走らんわけがない。

走ったらマンガのように眼鏡かけてリュックしょった少年とすれ違った。

わざと勇気づけようとそんな恰好をしてくれたのだろうと思いつつ・・・

勝ったー。買ってよかった。。。とちょっと優越感。スポーツとして自転車に乗るという発想がなかったがやってみて買ってみて良かった。眼鏡用のアイウェアがないととんでもないことになることが今回さらに分かった。

昔必死になって走っても30キロしか出せなかったが、さすがそれ用の自転車だけに楽に出る。しかも切り替えれば斜度20%くらいのとこも少しのとこだが頑張って登れた。

さすがに20年前の自転車とは比べ物にならん。

少しづつだが距離を延ばすこともでき乗り方も慣れてきた。

風邪を切るだけに前傾姿勢はやはり必要で坂は下るときは腰を落とし上るときは腰を上げるなど、マンガでのことがいい勉強となった。

活字は正直苦手なんだ。大人だから仕方なく読んでるだけだ。

マンガがあればそれに切り替える。

でも字は普通だ。丸文字世代だがよう使わん。

走っていていい気持だった。自転車道路作ってますなんてとこもあり、これから川沿いが楽しくなり休みの日にはパソコンばかりだったのが自転車ばかりになりそうだ。夏にはいい感じでやせそうだ。休みが取れればの話だが・・・^^;;;

いやはやほんと心が痛む・・・。

オタク

自転車を始めたことで自転車の漫画があることを知り、見たことを会社で言ったら男の子の漫画もあることを教えてもらった。

最初のほうを見たらオタクの子がアキバに自転車で行くというものだった。

教えてくれた人も子供のころオタクで髪の毛を紫にしたりしていたコスプレオタク

今ではいいおやじだが未だに車に人形が乗ってる。

もう一人は夜中にマンガ見てるようなやつ。

寝ろよ。仕事あるんだからって感じのやつばっか。

だからかオタクを馬鹿にする感じの自転車漫画はあまり好かんらしい。

でも数話だけ見たら面白かった。

途中で初心者風味がなくなったので面白くないのでやめた。

その中でオタクの子が「こいつは俺の限定版DVDを狙っているのかも!」というのがあったが、この気持ちが非常によくわかった。

俺もパソコンが好きで昔はビンテージパソコンとして8801MkⅡを所有してたり、9801を並べては遊んでた。

しかも二度と出ないといわれる限定版を持った時の気持ちは金庫にでもしまっておきたい気分だ。

現実的には誰もほしがらんし、これがどれほどの価値があるかはマニア以外わからんわけで・・・

その辺に置いといたら捨てられてもおかしくない。

なくなった日には・・・!!!!

なんて思うような代物をあいつは知ってて狙ってるのかもと思う病的症状に襲われるのは、俺も同じだけに非常に共感が持てた。

涙ぐましい恐怖感。

よくわかるわーーーーー(^^♪

Windowsソフト

(Y) 距離側 1.00

hikizan.lzh 08/10/13 公開

概要:車の走行距離を入力して計算するソフト 電卓の代わり

ダウンロード数 573

http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se464388.html

会社で作ってみようと思って作ったソフトが意外とダウンロード数上がってます。

Windowsだからだろう。

さすがにサーバーサイドスクリプトのほうはいまいちだ。

少しづつだがレベルも上げている。

最近気がついたが字も綺麗になってきた。

パソコンばかりではなく字の練習もしている。

最近では運動をしようと思ったが、外出たら寒かったり、雨降ってたり、仕事で遅くなったり、気が向かなかったり、Amazonビデオで新しくシーズン2が出てみるのに忙しかったりと・・・

何かと買って準備はしたのに、なかなかできないのに困っているところではある。

店員さんの普通の目つきがほんとに使うのか?という怪しい目つきになっていた気がしてきたのはたぶん気のせいだろう。

家にこもっていると何かと偏見があったかのような錯覚に陥る。

困ったもんだ。

明日から少しづつ頑張っていこうと自分に言い聞かせつついつもパソコンに向かっている。

良いソフト、期待に沿えるソフトを作るよう頑張ります。