体が熱い

自転車を一度乗ると20キロほど走る。

時間にして2時間弱だろう。

ゆっくり自分のペースでスポーツとしている。

自転車でのウォーキングといったところだ。

現実に走ると花粉症がひどくてあまり走れない。

天気がいいから走れるが天気がいいから困ることもあるのだ。

こないだサングラスが黄色くなったし^^;;;

子供のころと違って仕事のことも考え明日に備えつつ健康づくりとして始めた。

競輪選手のようにということではなく少しスピード出す程度の自転車での花見見学、気分転換付きスポーツだ。

これをやるとそれから数日、体の調子がいい。食べたのにお腹がすく。

新陳代謝が良くなるのはわかるが、夜も体が熱く。

翌日食べたのに満腹中枢が行かれたかのように食べたのにお腹がすく。

子供のころは・・・

小学校まで6年間歩いて2キロ

中学まで自転車で3年間5キロ(普通の学校指定自転車)

高校で3年間6.6キロ(スチール製ロードバイク)

この辺の人たちには考えもつかない距離だというが、結構走った。

おかげで自転車乗ると過去の新陳代謝が呼び戻されるのか一度自転車乗ると体が熱い。

燃えている。体がすぐにやせていく気分がある。

もともとロードの自転車は態勢が低いので腰に負担がかかりやすい。

走ると腰をくねるので足腰を鍛えくびれができ安いこともあって腸の調子が必然的によくなる。

走った後は必ずと言っていいほど俺の場合便秘は解消される。

つまり走り終えたら少しの間動かないのではなくあぶなくて動けない。

ジム通うより自分の場合はやせやすいのでスポーツとしてこのまま続ける気でいる。

今、夜走ることも考えている。よるといっても仕事終えてから普段着で散歩がてらということだが、めんどくさいのでなかなか動けないだろうと思っている。

少し走るだけで体にいいのは十分わかっているので要検討としたい。

木曽川沿いの自転車道を立田から犬山までつながれば自転車レースができるとか

稲沢のイチョウ並木から川沿いの堤防を走って犬山のもみじまで走るとか・・・

岩倉の桜の季節に五条川から一宮タワーまで自転車レースとか!

やれば周りの店には経済効果&通行止めによる迷惑効果がでる。

なんてビジネスモデルを考えるのは俺だけだろうか?

名古屋のマラソン見て、自転車を始めることでロードレースが思い浮かぶが、楽しく走るだけの桜の季節と紅葉の季節専門のロードレースもいいかもしれないと思った。

現実には無理だろうけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA