遠隔操作で譜めくり

デュアルモニターでお隣でだれかがめくってくれるやり方が一番やりやすいかもしれないが、他にもやり方はある。

遠隔操作だ。

最近ではWindows用のフリーソフトが出ている。

さらに金かけたくないのであればLinuxでやることができる。

今の時代普通にインストールするだけだし有名なものであればネットで取説も出回っている。

大抵は自宅内だけで使用することが多いことだろう。

家にあるルーターからIPを取得して相互のパソコンに接続して操作するだけだ。

楽譜台の紙をノートパソコンの画面だけ外れるやつにして少し離れたとこから遠隔操作して楽譜めくればいい。

複数パソコンの操作もできるから数人の個人バンドなら結構使えるのではないだろうか。

しかもGUIだから操作性もいい。

担当するピアノとかサックス奏者に伝えたいことがあれば遠隔操作でメモ帳開いて伝えることだってできる。

最近の遠隔操作ソフトは結構安定しているから使い心地がいい。

お試しあれ。


U・F・O

人工知能が最近はやりだがやらないのかという話が前にあり、よくわからんかったので

無視していたが最近興味が出てきた。

昔、U・F・Oというマシンを学んだことがあった。

基本学習機能を持ち独自に学習して成長していくものだった。

若い頃なので人工知能の走りとして出たものだ。

今は別の名前になって知らないところでシステムに組まれているのだろう。

それを思い出して自分でも考えてみた。

最近のはコンピューターから動かすことを前提としてPythonが提唱されているようだ。

人工知能があるなら独自に何かを動かして楽したいから言うまでもないのかもしれない。

でも、自分では得意言語がPerlということもあってクライアントサーバーで行っていきたい。

基本データを登録し、使用していくうちにデータを蓄積していく。

この辺はUFOと同じだ。

これらから条件指定して探索を行い処理を行う。

データを与えて歌詞を作り出すテレビでやってたものとなる。

使っていくうちにデータが増えることで探索条件が変化することでより良い結果を生み出す。

人工知能が成長する結果となる。

早い話がデーターベースの検索結果がユーザーのマッチしたものにより近くなっていくだけに過ぎない。

これがAI。

独自に考え行動に移す人工知能としてある一定のデータを与え探索し動くものの代表例がナビとなる。

条件から道を導き出す。

UFOのように学習しナビのように考えて導き出してくれる。

人工知能AI。

考えることは考えるが自分では難しいね。

データを蓄積していく学習能力まではできるだろうがナビのようにはいかんね。

でもラズベリーパイを使えばできることもある。

ある一定の照度データを蓄積して電気をつける時間を春夏秋冬の日没に合わして自動で変化させる。

パソコンの内部だけでとらわれるとできないからラズベリーパイで物理的に考えていった方が

逆に実現しやすいのかもしれない。

情報処理1種免許持ってるやつにUFOは負けてなかったぞ。

勝ってもいなかったけど^^;;;


楽譜ソフト

CGIの幅を広げるために音楽の勉強をしてみた。

楽譜制作ソフトは出てるが、楽譜閲覧ソフトは出てないらしい。

アドレス帳などの形でリンクソフトのCGIで楽譜閲覧ソフトを作る

ことにした。

WindowsでPDF閲覧ソフト使えばできるから事足りるが・・・。

楽譜をコピーなどしてPDFにして閲覧すればタブレットで指先一つでページめくりができる。

自鯖やレンタルサーバーに設置すれば好きな楽譜をたくさん入れられる。

アクセス制限かければ自分以外見られることはない。

どこからでも誰でも制限なく使えるから一回アップロードすれば済むし、どこからでも誰でも

使える利便性がいい。

勉強してて弾きだしたらすぐさまページめくりする必要がありタブレットなら早いと思った。

タブレットじゃなくてもモニターなら画面が大きくてクリック一つでできる。

デュアルモニターなら隣でページめくりとして誰かが操作すればいいのだろう

と考えていたが。

誰もいない人、ソロのひとにとっては楽譜忘れたということがあってもサーバーなら

取りに行かなくていい。

意外と便利かもと考えている。

音楽は今まで聞くだけだったので譜めくりなんて考えたこともなかった。

暇な時に作ろう。

フォルダーにアップロードしてリンクがずらーっと出る。

日焼け

久しぶりに走ったら日焼けしてしまった。

何年振りだろうか。

日焼けして痛いんだ。

子供のころ以来だ。

足は筋肉痛、夜はしっかり寝れる。

スポーツとしていいものを見つけた。

続けられそうだ。

しかも車でしか行けないと思った距離が意外と自転車で行ける。

今日も自転車で行こうかと思ったくらいだ。

少し時間かければ行ける。

そう思うようになった。

行きは渋滞にはまっとるし

帰りは事故渋滞でパトカーが渋滞にはまっとるし

思いっきりくいこんどったな。

ナビ見たら高速も事故だった。

自転車のほうが早い。

もう少し頑張って新しいの買ったら

サイクルコンピューターもGPS付きにしよう。

買ったらGPS探索ソフトも勉強して作ってみよう。

やる気が起きれば・・・^^;;



ROBO じー

ロボジー面白かった。

ハッタリでロボット博や学生の前で演説までするのがすごい。

しかも学生のうちからロボットが作れるというのがすごい。

俺は何にもできんかった。学生時代。

ただ言えるのは現実のロボット博だったら間違いなくばれる。

所詮映画であるがそこがまた面白かった。

ほんとに作ろうと思ったら難しいし自分でできんとこが多い。

ブラックボックスやユニットに頼るのがほんとのとこだろう。

それをいかに小型にするかということを考えると自作になる。

俺がやっていることも当然同じことになる。

パクリだましは日常茶飯事だ。

良いのがあり自分で改造する。エラーが出たらそれが出ないように何かを書き換える。

つまりエラーがなくなったのではない。回避しただけ。

リンクが使えない。そういう仕様だ。おわり。

言い訳として考えるなら大手本屋のデーターベースと使い心地を見れば速度は俺の勝ちだ。

「ただいま検索しております」なんて出ない。

規模が違うのもあるが適材適所でこれで十分だからだ。

現状を引き継ぐのも重要であるために互換性重視

いきなり変更しましたからすべて変えてくださいは使えない。

電子ブックとグーグルマップ、データーベースによる整理。

CSVによるデータのメンテナンス性の良さ

IDによるデータの管理しやすさ。

すべてにおいての自動化による不具合というか、らくしたがためのしっぺ返しも考えて

作りこまないといけないから一度寝てから使ってから日を改めて作るとかしている。

データ取り込んでいきなり表示したらたまに違うのが出るのを防ぐために

わざわざ手作業のとこもいる。

正確性がほしいとどうしても手まかける必要は出てくる。

システムができたーーーーー。

寝よう。

自分が!じゃない。システムを寝かすんだ。一晩おくとおいしくなるカレーと同じだ。

あーしたほうがいいかも。いや待てよ管理番号ないと重複したとき困る。

とか出来てから寝ながら思いつくこともあるからだ。

この辺の発想は漫画家さんと同じだね。

ちなみに今日、暇があったので円空を見てきた。

12万を目標に仏像を生涯掘り続けたようだ。実際は4500くらいだったようだ。

それでもすごい。年平均100体になる計算だ。

3日に1体だ。飯食う時間もないのではないだろうか。

1体1体の顔に表情がある。

顔は心の鏡。ものつくりは人となりをあらわすといわれるように作られた仏像に表情がある

疲れた表情を物語る笑顔の仏像

怒りというかふてくされた気分を物語る笑顔の仏像。

悲しそうな笑顔・・・。などなど・・・

必ずしも笑顔だけで生きてきたとは言い難い円空の人生が仏像に表れている気がした。

本社が置かれた一つの理由でもあるのかと思った。

それはさておき、仏像もロボットも作り手の思いが込められている。

手を抜いてもわからんというだましもあるのは作るのは人間だからだといえる

良くするのも悪くするのも作り手次第。

手を抜こうと思えばいくらでも抜けるし、よくしようと思えばよくできるがそこに

時間がかかれば手抜きの一つとして周りから受け取られることもある。

評価するのも人間であり、見るのは評価が正当にできる人間ばかり

ではない。ロボジーの行動は人間だからできることであり、最近流行りのAIでは

現在では不可能といえるファジー機能がふんだんにある部分であり、人間でなければ

できない重要性を多分に含んだ行動をみると人間の必要性はまだまだ多分にあるといえる。

人でなければできないから人がいること。

やれるかもしれないがやっていいかどうかを考える必要性を大事にしていくことが

今後の自分にとって大事な気がした。


暇つぶし

休みの日は暇で・・・、なんて話があった。

暇つぶしに行くらしい。

俺は非常に忙しい。

正直時間が足らない。

ソフト作って本読んでゲームやってスポーツやって新たな挑戦に音楽にシックハックして・・・

それだけのことがやれる余裕ができるようになったのが遅かったといえばそれまでだが忙しい

定年と呼ばれる年まで十数年しかない。

寝る時間がもったいないというか若返りたい。

若いうちにできたことがやらなかったことで今しわ寄せとしてきている。

今頃になって知りたいとかやってみたいという気になっていろいろやっている。

できるようになるともっとやりたくなる。

俺に暇はない。

疲れたら寝る。ただそれだけ。

寝ることも予定の一つとなり暇ではない。

ちゃんと休むことも次にやりたいことを成功に導く大事な予定だ。

海外旅行もしたいしね。

体にガタが来るようになって今やらないともうできないなんて焦りすら出てきた。

金がある時でないとできないという焦りもある。

最近はその焦りからか知りたいと思ったら思い切るようになった。

仕事上そういう影響を受けやすいというのもある。

死んだらできんとか・・・

悔いが残るとか・・・

「俺のアイス食うな」って書いたまま出てきて死んだらそれが遺言として残るとか・・・

仕事上精神的あおりを受けやすいのも原因の一つだろう。

だがどんな形にせよ。

やってみたいことがたくさんありすぎて俺には暇がない。

スキューバとかサバゲーとか何でもかんでも頭をよぎる。

中には集めるだけでやらないものも出てくるだろう。

買っただけで読んでない本のようにね。

暇というのはこの年になるともったいない。

俺はそう思うがね。