白川合掌村

白川の合掌村に行ったことがないのでドライブがてら行ってきた。

すんげーただの行楽地感。

合掌村のほとんどが店になってる。

そりゃそうだわな.

見てもらってくつろいでもらいたいからね。

民宿売店食堂様々・・・

自然相手に培った技術をただ見てもらうだけではもったいないからね。

観光資源としてだけでなく心安らぐさまを見てもらいたいということだろう。

写真は旧遠山家のものだ。合掌村からは少し離れた位置にあり水を交互に汲んで

シーソーの原理で水車を回すさまは自然の力を有効利用して

力に変える大事な生活道具と言えるだろう。

その力と速さは人間の何倍ものエネルギーを生み出してくれる。

当時からしてみれば画期的なものだったことだろう。

今でも電気のない時代になったらそれは必需品になるし、

ダムの基本原理としての考えにもなっていることだろうから

昔から培った技術の発展が今につながっているといえる。

自然からの恵みを大きな力に変える人間の知恵は

今も昔も変わらぬ原動力でありたいと思う。

電気がないと生きていけない現代において

エネルギーの変換は重要課題だから何かと

念頭に置くべき水車小屋であると思った。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA