農業水管理IoT AI化の原理

温度と水位による水の管理

ある一定の温度に達した場合、水が干上がる可能性がある

そうした場合、水の補給が必要になる

ある一定の温度と現在の水位をそれぞれの評価値とする。

その評価値の合計により水位の高さを決める。

温度センサーと水位の検知器、ラズベリーパイで可能

スマホに飛ばすとなるとネットワーク回線が必要になるので

コストがかかるから俺ならそれは無しだな。

自宅前が田んぼなら可能だけどね

電源とネットワークの確保。

これが問題だ。

自作しようと思えばセンサーはキットで売っている。

ラズベリーパイも安い。

PythonもTkも無料だしネットで流れてるから問題は無かろう。

農業の水管理、ハウスの温度管理のAI化は実現は難しくない。

むしろ大学生の工作として可能な世の中と言っていい。

電源とネットワークが農業周りにも自宅と同じように実現できれば

大きく飛躍することだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA