ネットは国境を超える

ネットは国境を超えるが、現実は越えない。

そう思っていたらタイがTPPに参加を表明。

日本はもともとだが他の国もとなると敵が増えることになる。

タイには日本の工場があり、フィリピンは日本のサポートセンターが有名だ。

メイドインチャイナはどこでもあり、アジア各国に日本は助けられている。

だからと言って俺が国際的なことを考えるわけがない。

仕入れたら売れる。関税の問題で個人は手が出しにくい。

ネットで手が出しやすくしてもらえれば、輸入だけでなく輸出もできやすくなる。

CGIを調べたり、ネットショップを調べたりするとどうしても文字コードの問題や関税にぶち当たる。

グーグルで自動翻訳しかないなでCGIは良しとするが、関税は何ともなぁ

個人からすれば売れると思っても売れないかもしれない不安を抱えて輸入するわけだ。

例のサイトのように同業他社が動いた形跡などが分かればいいが、サイトの無い国はわからん。

そこに関税が引っかかるとなると冒険心は薄れる。

日本では横開きのトラックは腐るほど走っとるが、他国ではそれがあることすら知られていない

とこだってあるくらいだ。

他国への電力供給安定の提供として法律改正も行っているはずだ。

日本への留学生の起業の志もそぐわないよう配慮している現状の中でTPPへの期待は大きい。

でも税収がなぁってとこだろう。

俺としても勉強しとるだけのサラリーマンだけに見届けているだけにすぎんが

もっと身近にならんかと思っている。

飯はまずい。行くと臭い。トイレはハロー。日本人と見れば狙われる。

できれば行きたくない。

ヴァーチャル旅行開発していると言ってたが実用化のめどは立ってない。

アジアのネットに期待したい。定年した時には頑張りたいからな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です