水木しげるのゲゲゲの人生

ゲゲゲの人生に行ってきた。

子供のころから絵が好きでおばーちゃんからいつも妖怪の話を聞かされていたようだ。

戦時中の経験も生かしていくつかのストーリーが生み出されたが、どうも少女の絵は苦手のようだ。

戦争中の森の中によくいたのか森の絵がとても上手でそれらが夜になると怖い顔とかに見えた

のかと思える。

最初は画家を目指していたことを考えると絵が上手なのもうなずける

絵を描いて、短編のようなものを書いて、マンガ家としての漫画を描いている

こんな偉い先生でも最初からマンガ家としてのものをいきなり書くのではないのだと思った。

それに多くの経験が大事だという事もあって60ヶ国も回ったのだろう。

新人漫画家のストーリーは必ずと言っていいほど身近なものが題材だ。

金が無いせいもあるのか決まってご近所とか通ってたとことかが見て取れる。

こんな感じのとこに住んでるのかぁ、担当にあおられてこういう風に書いてあることを言われてるんだろうなぁなんて思う。

金ができれば視野を広げて外国に飛び金持ちとの交流が増えると舞踏会とかが出てくる。

半分飛び回って半分こもるのが作家なんだろうね。

家にこもってたらアイデアは出ないからな。

俺のCGIも最初は身近なネット遊びから生まれ、仕事などの交流から必要なものが生まれて今に至る

遊ぶことも大事だ。

リフレッシュしたり経験したりそれが題材になるのだから遊びも仕事の内だ。

気に食わんからあいつが言うことは何言っても否定する奴もいる。

そういうのが嫌味課長みたいにネタとして使われる。

良くもあれ悪くもあれ外に出ることは大事だ。

ただ外に出るとこの時間にどれだけ作れるかと考えてしまう自分がいる。

臆病風に吹かれるというかなんというか・・・。

展覧会の最後の方に多くの著名人の追悼の言葉が書かれていたのは印象的だった。

高橋留美子やルパンの作者だけでなくタレントさんまでいたね。

すげー大先生ばっかだと思った。

帰りに隣のレストランで飯食って帰ってきた。

窓際で街の眺めを見ながらの食事も悪くない。

デザート付きのティータイム結構いけるね。

俺もCGI頑張るわ。

長良川鉄道

雑誌とかによく載っている長良川鉄道に乗ってみた。

ほんの15分程度だが懐かしいローカル線だった。

電車に乗らなくなって20年近い。

ローカル線だから昔のバスのような感じで整理券があってお金を払う形だからよかったが

今時の当てるだけはまだやったことがない。

車があるからね。利便性考えると電車に用事がない。

列車に乗り走り出すと意外にも真っ暗になると響き渡るトンネルの音

や車窓の景色がなんとも懐かしい。

昔は乗ってた。車窓から見える景色は田んぼばかりで、バスはこの鉄道と

同じ整理券とお金を入れてた。(実際には駅員に手渡ししたけどね。入れてもらった)

とある駅で車を無料駐車して子宝の湯で降りる。

温泉はいりますか?と聞かれるので駅員に割引券貰うと200円で入れる。

初めての経験だった。

事前に調べて景色のいいとこだけのって温泉はいって帰ってきた。

鉄道代は380円だった。

線路は一本で時刻表は見慣れてないせいか間違えないか不安だった。

間違えたらシャレにならんので駅員にいちよきいた。

良かったよ間違えてなくて。

似たような時間に上りと下りが来る。

駅員に聞いた後に時刻表を照らし合わせると5分から10分のずれで入るようになっていた。

5分違いで勘違いしてここで折り返しだと思って乗ったら余分な金が要るとこだった。

駅員見張ってるから降りたら最後払わないかん。

昔なら間違えたら乗り換えて戻ることができるが駅員に払うとそれができん。

一番気を付けたいとこだ。












ダイエット

最近パソコンから少し離れている。

と言っても映画見てるだけと言った方がいい。

ちと頑張りすぎて休憩というのもあるが運動に力を入れだした。

としだけに減らない。

お腹周りが落ちない。

体は動くんだよ。

周りの人がトレーニングマシンで走ってるとそろそろねを上げるだろう。

と思っていたら”えっ?まだ走る?”って心の声が聞こえてくる。

後ろで意外と体力あるな・・・って心の声が・・・^^;;;

よほど体力無いように見えるらしい。

たぶんタバコ吸ってるやつと比べられてるのだろう。

ジム行き出したやつが何人か出てきたので行きだしたが、仕事帰りに行けるのは

やっぱいいね。気晴らしになる。

でも体重は減らない。でもお腹は減るので帰ってからがっつり食う。

飯がうまい。

運動量が増えたのでこの夏のロードバイクは結構楽に走れると思うが、体重計は同じだろう。

腹周りの為にやってるのだが無理そうだが、執念で頑張るさ。

52歳の営業マンが世界起業を作ったんだ。

俺もダイエットぐらい頑張るさ。

一番難しいのかな^^;;;;

久しぶりに温泉

久しぶりに温泉がいけた。

ゴールデンウィーク中は混んでるからいけんかった。

頭の中がごちゃごちゃになると温泉行ってゆっくりするとまとまった気がする。

リラックスは大事だ。

Perlを使ってグーグルマップを作るとリンクがきかないがSSIならきくかも

とか難しく考えずにとりあえず作ってリンク張る原始的な方法でやってみて

やりながら次の手を考えるとか

パソコンばかりやっててもいかんから海外旅行に行こうかと思ったり。

贅沢しとると言っても数日三食外食しとる程度でどこも行かず。

これではいかん気がする。

給料が泣いとる使い方しとる奴はいくらでも居る。

それに比べたら文句ない使い方しとるが・・・

昔同じような先生が学生時代居た。

実はまだ先生やっとることを知った。

小さい家買って親と暮らして研究して・・・

どうも被る。

これはいかん。

タイ中国沖縄・・・、どっか行こう。

ネットワークOS

ある日ある時、とあるゴミ捨て場に捨てられたノートパソコンが持ち込まれた。

これ動くからOSはいらんかな?

調べてみるとハードディスクが入ってない。

極薄のノートパソコン。

今ではスティックPCとして手のひらサイズのパソコンが存在するが

当時にしては高価なものと言える。

OSが入らない。HDDがないから・・・、では面白くないのでやってみた。

USBメモリーにOSを入れて起動。

当時としては珍しいネットワークOS起動型のパソコン。

すべてにおいてOSもソフトもネットワーク上のサーバーを使わないと動かないものだった。

へーこりゃ面白いわ。と思った。

今ではネットワークインストールも主流になり、どってことはない話だが、当時の自分からしてみれば

ただ動かしただけで面白かった。

自分で似たようなことしようと思ったらできんからね。

CADや開発環境が今ではそういう時代を迎えていることを考えるとテストランは大手のネットワークで

行われているようだ。

気が向いたらそれを今度調べてみよう。

オケ老人

面白かった。

マエステロとかカルテットとかたくさん見たが、年寄りも頑張るね。

っていうかお年寄りだからと言って諦めずに頑張れという映画なのだろう

都合が悪くなると腹黒いジジババがたくさんいる中で何とも心綺麗な映画が多い。

行ったら年寄りばっか。なんてのは俺にも経験ある。

チケット余ったで買わんか?言われて買った時のことだ。

あまりそういったコンサートに行くことなんかなかったし、用事もなかったので

買って一緒に行ったことがあった。

ついって行ったらさすがに大きなホールでびっくりした。

エスカレーターを上がり自分より若い子がたくさんいてよほどいいコンサートなのだろうと思ったら

間違えた・・・

じじーがつぶやいた。

降りるぞ。言われて降りて行ったら、だんだんジジババが増えていった。

きれいな水が茶色に染まる気分だった。

はいったらまっちゃっちゃのコンサート会場にジジババたくさんの黄色い歓声?らしきざわめきが聞こえた。

コンサートは若者が行くとこでバンドは若いものが見るものという考えを思いっきり覆された。

ガチャガチャうるさいバンドのコンサートにじじーばばーばっかし!

見渡す限りのお年寄りだったことを思い出した。

オケ・・・、棺桶・・・

正直同じ気分と言える。

お年寄りは生きた辞書であり、大事にされるべきだが、大事にしたくなくなった瞬間は

感銘を受けた。

彡(-_-;)彡ヒューヒュー

手つかず

やりたいことがたくさんあって手つかずになった。

本もマンガもCGIもメルマガもYouTubeも・・・

やりたいことがたくさんあって時間が足りない。

寝たいときに寝てスポーツやって勉強したいときに勉強する。

何かやっている。

帰ってビール飲んでごろーーーーんはない。

映画見てばかりはあるけどなぁ

おかげでどれも中途半端だ。

ま、サラリーマンとしてやることはやってるし問題はないのだがね。

海外マフィアの映画見てて意外と真面目なんだと思たことがあった。

株に投資しないか?いや株は博打と同じだ。俺は儲けたい。

コカインやら何やらを売りさばいて儲けてマネーロンダリングする

映画のワンシーンだった。

初回の取引を小さくして信用ができたら大きくするとか銀行が承諾する代わりに

預金を増やせとの要求だとか勉強になる映画だった。

やってることは普通のサラリーマンだ。

いつかこういったことが自分もできるようになりたいもんだ。

人間不信が治ればの話だが^^;;;