俺のソフトは遅い?早い?

このソフトは早い。

このソフトは遅い。

昔と違ってパソコンの性能がいいからメモリーなんか気にせず作れる。

このソフトは早い。

実は遅いのだがコードの数が少ないし、パソコンの性能が良いから問題なく早い。

このソフトは遅い。

実は早いのだがパソコンの性能が悪い、互換性に問題があるなどで遅い。

今の時代に合わせた開発環境で普通のパソコンなら高速に動く大規模ソフトなのだが遅く感じる。

俺の周りにも高くて遅いパソコンを買う人がたくさんいる。

高くてかっこいいものはやっぱり人気だ。遅くても・・・

最新型はやっぱり自慢したい。

何気にプリンターが・・・ちょっと見て。と・・・

俺様はこれぐらいのものもっていないとという奴が多い。

やってることはDVD焼いて、YouTube見るだけ。

プライドの問題らしい。それが現実。

メモリー考える必要もなけりゃ使えるもん作ればそれでいい時代で時代的に古いパソコン

使ってなけりゃ素人のフリーソフトで十分ことが足りる。

余程のことが無けりゃ普通に動く。

あいつはネットを知っている。俺のインターネットが遅いのは奴のせいかも・・・

無知がゆえの疑いのうわさもあったりなかったり・・・

なんか恨まれる事したんか?

それはさておき、CGIで早い遅いはもうあまり関係ない。

やるとしたらC言語で作るとかC言語で作るときに大規模ならポインター使うとか

サーバーソフトで余分なサービス動かさないとか

Windowsならパソコンはメーカー製使わない。OSは自分で入れる。

自作マシン本を参考にCPU、メモリー、マザーボード、グラフィックボードの性能を店員と

相談して早いパソコン買えば遅いパソコンソフトも早い。

アドレスレベルで早い遅いは今ではもう必要ない。

ここ数年ベンチマーク使ったことがない。

良い時代だよね。

ソフトの批判に負けず俺は頑張る。

UTF8を取り入れて多国化も目指す。予定・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA