外国人の研修生

いつだったか、とある待合室で外国人の研修生と話す機会があった。

仕事はプレス機械工員。

インドネシアから来たという。

日本に来て3年。

来月、国に帰るという。

流ちょうな日本語でまだ若い。

20代半ばと言ったとこだろう。

プレス工員として日本に研修に来てから日本語を覚えたという。

やはり外国語を流ちょうに話すのは3年かかるのかと思った。

若いのに言葉がわからない日本に来てよく頑張れる。

たいしたもんだと思った。

俺なんか海外旅行ですら一人でもちょっと勉強してからと二の足を踏んでいるのに

仕事で来るなんてすごい。

起業できそうか?の質問にまだ無理だとの返答だった。

プレス工では機械とかのリース料もばかにならんし会社というものの意味も分からん世代

だけに難しいかもしれんがむちゃができるのはその年だけに惜しい気がした。

インドネシアにも遊びに来てくださいと言われたが、俺は良いよと断ったら

渋い顔してたな。

日本とどっちが良い?の質問に自国は治安が悪いとの返答だった。

腕を身につけることができたわけだし、自国で何らかの形で頑張って

また日本に来れば治安の良い日本で暮らせる。

今ではプレス以外に日本語が話せるという武器もある。

日本語ができるだけで自国で貿易もできるわけだし・・・

来たことは無駄ではなかったわけだし頑張ってもらいたいもんだ。

俺はとりあえず旅行英会話でも頑張るか



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA