友達の友情

いやぁようやく魔法のレシピ3作目を見終えた。
学校を終えて巣立った感じだった。
レシピ本に基本を教えてもらってOCのようにこれからは自力でレシピ考えて
研究して思い道理の魔法を作っていく。
これからが本番って感じだ。
学校を卒業して社会人になったってとこだね。
おれもCGIで自鯖を作ることを学んでパソコン自体も古くても使えるし
自作パソコンも作れる。OSもLinux問わずサーバー化できる。
多くのレシピ本としてCGIの本があるが、すべてがなくなっても自作できる。
スパイスとしてのハーブはネットに転がっている。
これだけはなくしたくない本は数冊あるが、あくまで自分用の気持ち的に
横に置きたい本だ。持っていると安心するというやつ。
現実にはCGIを作るときには見ることはないだろうという座右の書だ。
CGI作るならコードが欲しいがコードはネットさがせば何とかなるからね。
ハーブ自体のかけ合わせの研究とかチャックの種類わけとかCGIに似たものが
見れて非常に面白かった。
ジェイクの商売が趣味の延長と言われた時にはグサッときた。
俺のはほんとに趣味だからだ。^^
海外数か国から入れて販売して売れ残った時の廃棄とかも考えないといけないし、
販路とか配送とか決済とか・・・
趣味の延長で済ませない勉強が本当は必要だが、リサイクルでしかないのでやってない。
ドラマ見てるだけで共感が持てて面白かった
終わり方からすると次がある感じなのでまた楽しみにしたい。

お金のあるうちに勉強して、親のあるうちに学べることは学んでおこうって感じにはとれるが本線は友達の友情を大事にしようってことなんだろうってことがようやくわかった。最近・・・、このドラマ^^;;;

コメントを残す