日記

お裁縫

最近小物を創れたことをいいことにもう少し言い物作れんかと勉強している。
電子回路のキットやろうかと思ったが結局またそれてしまった。
簡単なものなら治せる。
縫うとか補強とか張るとか・・・
プログラムと同じで改造や補修はできるようになったので今度はもう少し自慢できるようなものを作りたいと
勉強しだした。
昔と違って今では本だけではなく無料の電子ブックやインターネット、動画などがたくさん出ている。
おかげでいい勉強になる。
昔ならすぐ買い替えていたものが、一針するだけでまた使える。
構造を覚えたおかげでお気に入りがまた使える。
そこからさらに発展して作ってみたいと思うものがあった。
正直難しいが、新しい発想もいくつか出ていた。
張るだけとか・・・、縫わないかんという固定観念ではなくそれを便利に使う。
時代の産物として新たな道具の表れとして利用していくことを邪道と言わずに使うことで
利便性や機能性が向上する。早く作れるし、難しいことが楽になる。
適材適所と言える。
俺はすぐ楽な方に流れるのでいかんともいえるが、動画を見ているとここは縫った方が!ここは張った方がと思うと
簡単なものなら自分用ができそうな気がしてきた。
ただ問題はミシンが安ものだからいかん気がしてきた。
おっかしいなぁなんで曲がってくかなぁ
下のギザギザが7つでないと安定して送らんのかもしれん。
安けりゃ安いなりかもしれん。
もう少しやってみてダメなら考えよう