日記

パソコンが欲しい?

こないだ大須に行き、中古のパソコンをグッドウィルで見ていた時だ。
親子が店員さんにパソコンを探していると訪ねていた。
どのくらいでどれくらいの値段がすると話していた。
子供にパソコンをやらせたい。親としての教育熱心さがうかがえる。
子供はというと・・・
PSPで遊んでいる。
親と店員の話なんてどうでもよさそうだ。
親がパソコンを欲しがって子供にやらす。
子役、芸能界さながらのイメージが浮かんだ。
親は、ちょうど自分と同じくらいの年頃かと思った。
授業にプログラミングが入るくらいだからね。
いやでも買わないといかんのかもしれん

昔、パソコンが欲しくて大須へ行ってパソコンを見て回っていた時だ。
まだ20代の時でプロンプトが動いたらいいのか?なんて聞いてた時期だ。
とある親子が、
「どんなパソコンを探してるんですか?どのぐらいするのでしょう?」
と聞いてきた。
子供がパソコンが欲しい、そういうから親子で見に来たのだという。
私が「僕も勉強中で、探してるとこです」というと、
「予算は?」と聞いてきた。
「40万くらい・・・」
そう答えると、母親は「え?そんなに?」と言って子どもを引っ張って
「さ、帰りましょ。そんなの買えません!」と言って消えていった。

時代は変わって子供が欲しいというより親が欲しいという時代になった。
しかも昔は40万したものが今では数万で買える。
中古なら2万で十分いいものが買える
時代は親子が反転し価格も激減した。
パソコンが必要な時代に、パソコンは要らない時代になったのかもしれない
時代はパソコン家電かもしれんね。