日記

女流作家の罪と罰

特技を生かした立派な仕事だ。
その人になり切った天才的文才。
その当時のタイプライターを使用してその人に見ごとに成りすましての手紙の制作は
プロだからできた400通以上の架空の本物の手紙。
面白かった。
相当臭い部屋に住んで一緒に飲みに行ってわからんのかね。
服に臭いがつくと思うんだが、外人は臭いとよく言うし特に昔なら普通なのかもしれんね
猫のうんちがベッドの下から…ってすごい。^^;;;;
今の時代だったら才能だけじゃいかんからキャンプやってみたり外国のネット販売とか
いろいろ設定してみないといけないような時代に・・・
おいしい仕事だな。
一度はトップに立ったことがある腕利きだからできた技だ。
腐らずに粘った甲斐があったといえる。
褒めていいのかは問題かもしれんが、頑張りは評価したい。
最後はハッピーエンドじゃないかもしれないとみるのをやめたが結局最後まで見た。
女は度胸。俺も頑張ろうって気になった。