日記

マザーボードの交換

今までハードディスクやらファンやら交換したことはあってもマザーボードの交換はしたことがなかった。
大昔に作ったときにはマザーボードの電源はひとつでつなげればすぐに動いた。
それが今回どうやっても動かなかった。
マザーボードを中古で注文して箱で来るかと思ったらマザーボードとねじとパネルだけ。
取説がない。
仕方がないのでネットでググって取説をダウンロード。
昔と違ってダウンロードできるいい時代になった。
それを見ながら接続して電源オン!
ぷしゅー。
気の抜けた風船のようだ。
何度やっても同じ。
マザーボードとにらめっこの始まりである。
ジャンパー飛ばしてリセットかけたり何度も電源落としてみたりメモリーの規格はたぶんいいはずだがと
接触不良を疑ったり・・・
なんか気になる電源みたいのがようやく俺の目に飛び込んできた。
こんな感じあんな感じでコネクターが多分刺さる。
インシュロックを外して伸ばして伸ばして・・・
ギリギリ届く。
刺してみたら刺さった。
ひょっとしたらこれか・・・?
電圧が足らんということか?と思いながら電源オン!
ぶいーーーーん。起動した。
昔ならちょっとした間違いでコンデンサーが飛んで泣いてたのに、やっぱいい時代だね。
技術革新だ。大成功!
さ、FerenOSを入れよう。
だが立ち上がる度のメッセージがEFIだかUEFIだかと出る。
なんだったっけなぁなんか聞き覚えがあるなぁなんて思いながらDVDを入れると立ち上がらない
Windowsしか駄目かなぁ
DVDはある。シリアルもヤフーで10枚ほど買ってあるしネットでもあちらこちらで落としたのが何枚か・・・
Windowsのシリアルに困ることはない。
どれか行ける。ということでWindowsのDVDを投入!
カリカリカリカリ・・・
良かった動いて。
Windowsしか駄目ってことだったんだよなぁ
EFIの文字はその辺で見たので記憶がかすかにあったのだろう。
でもマザーボードの取説に何かの奴はWindowsでは動作しませんとあったが、BIOSのアップデートは
Windowsで!とあった。
Windowsでないと動かんのは間違いなかったようだ。
何はともあれ動作は正常。
20年ぶり??ぐらいにマザーボードと格闘。
無事勝利を収めた。^^v

いやー、直った直った(^^♪