休日に涙の出るようなありえんだろ映

休日に涙の出るような映画をたくさん見た。

ハッピーエンドは良い。

嘘だとわかっていても心がほんわかする。

運よく出会った人が大手の社長さんで運よく出会った人が地主の娘の親で・・・

ありえんだろ。

マンガのロードバイクも眼鏡ないと高速で走れないのにみんな眼鏡無しとか

折り畳み自転車を女の子が折りたたんで2階にもっていけるような重さではないのに持って行って大事にしてるとか

家族でカルテットとか昔は超有名人でのカルテットの老人ホームで大成功

歌魂もよかった。マエストラ、リトルマエストラ、くちびるに歌を、セーラー服と機関銃卒業、図鑑に載ってない虫などなど・・・

でも所詮映画。でもこれがいいのだろう。

ハッピーエンドで涙した。

当分はまりそうだ。

ヒロイン!

家にこもってぐてーーーん。

いてーいてーと寝てるのも詰まらんのでAmazon見てたらヒロイン!って言う映画ががあった。

浪花ボンバーズ対ナンマイダーズの試合はほとんどカット状態。

浪花ボンバーズ対ボウズマルモウケなんてのもあるかと思ったらなかった。

まー何はともあれ大阪の吉本がらみの映画だけに面白かった。

笑いあり涙ありおかまありで面白かった。

レオタードぴっちりでやばそうなとこはさすがに昔の映画だけに昔はよくこんなのあったって思ったよ。

さてたくさん見るぞ。

久々の休みだからな。

世界征服

せっかく覚えたPerlだが、Perl6は失敗に終わったらしい。

開発者が全く新しく作り変えて互換性がないとのこと。

つまり普及の可能性は極めて低い。

しかもPerlの時代は終わったとされる昨今Perl6によって更なる普及の道がとだされた。

シェルに極めて近くCに近く動きがテキストレベルで高速に動作するPerl

これをCGIとして使うことでいろんなことができる。

非常に面白い。

ネットワークを今後も回れる可能性がある。

入り口があるなら出口がある。

出口があるなら入れる。

そんなネットワークの世界をPerlは楽しませてくれる。

これなら世界征服も可能かもしれんなんて思ったりもする。

少しづつだがレベルを上げているだけにWar Gameやハッカーズのような映画の話がちかづいてきた感じがする。

最近では携帯電話をわざと忘れて盗聴器代わりにすることはざらとある。

ほとんどの人が携帯電話二つ持っている時代だ。

しかも今の時代は携帯電話がパソコンだけに腕を上げれば上げただけ将来性の見込みは拡大する。

情報垂れ流し化社会だけに会社がつぶれそうな社長がこっそりあそこに逃げ込んだとか、本人が知らない間にネットに顔が載ってたとか。会社で使うとは聞いてたけど!なんて話は山のようにある。

逆手に取られて減収減益。

ハッカーはみな俺が神だというのが分かる気がする。

俺も世界征服やってみたい。^^;

「こんな古いもの・・・」

機動戦士ガンダムでアムロが親父さんに会いに行って「これを付けてみろ!」と渡された機械があった。

これを付ければ性能は格段にアップすると渡されたが、アムロとしては「こんな古いものを・・・」という思いだったのが記憶に残っている。

自分でCGIを作るようになってこれを付ければ楽になる性能がアップすると思うようになった。サーバーも作るようになり、普通にLinuxを使うようになって視野が広がったことでよく思うようになった。

だが、今までにもプロが作ったものがあり、こんな古いもの作らなくてもお金払えばあるわけだ。性能も格段にいい。でも自分で作った方が使いやすいし、タダだし、自分でカスタマイズできる。自分でできるすばらしさ達成感は最高だ。

はたから見れば「こんな古いもの・・・」その視点は正しいが、俺はそれを覆す形であるのがフリーという考え方なのかもしれないと思った。

同じものはある。無料にしてやる。さらにそこから方向性を少し変えてやることで新たなソフトにしてやるという挑戦がGPLに含まれているのかもしれないと思った。

自分の欲しいCGIは作れるようになった。

今度は、無料、有料問わず綺麗にしていきたい。

コード、デザインともにわかりやすく使いやすくきれいに・・・

良くて高そうなソフトは、一度無料版を作れないか考えてみる。

俺は遅れたものを作っている。資料を見てすでにあるものを作っている。

「こんな古いものを・・・」作っているが、有料版への挑戦でもある。

まず自分で作れるということが大事だ。

決して有料版を、プロの作品をつぶそうというわけではない。あくまで自分への挑戦である

エクレアは高級品

俺にとってエクレアは高級品。

あくまでただのイメージだ。

ガキの頃シュークリームは買ってもらえた。

ロールケーキとか三角形のちょこのお菓子はあったが高いから買ってもらえなかった。

細長いシュークリームにチョコがかかっただけだが、これが柔らかくてうまかった

最近のは高いのか知らんが皮が固い。やわらかくない。

最近では固いパンがはやりということもあってこれも堅いのだろうか?

俺は柔らかいのがいい。昔は柔らかくておいしい。そのイメージしかない。

最近のは高いばかりで俺としてはおいしくない。

俺のイメージは柔らかくておいしい長細いシュークリームにチョコがかかっている感じ。

正直どこで買ってもおいしくない。

俺が本物を知らないのか?イメージが悪いのか?どっちだろう。

コンビニで買うこと自体が間違っとると言われたら返しようがない。

でも本物知ったら絶対買わんくなるからある意味知りたくない。

しっとりしたバームクーヘン食ったら他のものなんか食えんかった。

逆に知った方が変なもの買わなくなるからある意味節約になるかも。

意外と甘党なので探してみるか・・・

自転車の回数増やせば問題なかろう。

チャック

チャックまた空いてた。

年は取りたくないね。

下にアンダーウェアはいてるとわからんからね。

誰にもできないマジック。

Perlのレシピ集がたくさんあるからこれで俺のマジックができる。

データーベースやサーバーもこれでたくさん勉強した

スマホのアドレス帳は俺にとっての一番お気に入りのマジックだ。

どこ探しても無料のアドレス帳作成ソフトはないから作った。

レシピのスパイスとなるものがモジュールだ。

スパイスを自分で育てるように自分の関数やモジュールを作ることでどこにもない自分のスパイスができる。

スパイスも自分で作る。

出来栄えのものを作って盛るだけの厨房君で終わらない。

一つのスパイス、そのスパイスまでも自分で作ることのだいご味は料理と同じだ。

学生時代の厨房の経験が今のソフト作りの一つの感性として生かされている。

もちろん自宅での料理にも生かされている。

ただ、料理は厨房君のままだけどね。

温めるだけ、炒めるだけ、混ぜるだけ・・・^^;;;

俺にとっての魔法のレシピ頑張らんとね。

負けずに。。。。。

川辺に住宅街

頭良さそうに見せてもダメだ。
確かにそのとうりだ。
川辺に住宅街のようなキャンプはって水遊び。
サラリーマンの習性だな。
駐車場の取り合いして、取ったはいいが道に駐車してtっ駐車場から出られない。
遊ぶ金あるわけだから頭は良いんだろうけど、なんともお粗末な話だ。
平日ガラガラな店が何でやっていけるのか分かった気がする。
別に勉強に行ったわけではないが、いい勉強になる。
アフロかぶってコミケ行ってるよりましだがね。
これが何の関係があるかと言うとサーバーが売れているとこと
売れていないとこのサービスの面白さの違いと重さの違い。
回線速度の違いがある。
詰まらんのに高い。遅い。
売れているとこは資金があるからか早い容量も大きく早い。
駐車場の渋滞は、サーバーの渋滞に匹敵する。
これが現実なんだと言うことを目の当たりにした感じだ。
将来的にすべて自分のサーバーで賄うためにはもっと勉強がいる気がした。
遊びに行って渋滞にはまるのも大事なのかもしれない。^^
今まで渋滞するようなときに遊びに行くような休みとれんかったからわからんわなー。また俺太った。ズボンがまたひとつ入らんくなったからそのせいだ
(言い訳ー。)



ラリーウォール提唱の三大美徳「怠慢・短気・傲慢」

言いたいことは何か自分にあってる気がする。

怠慢

めんどくさいからプログラムを組む。
組むのがめんどくさいからどこかから拾ってくる。CPANとか・・・
もともと怠け者だということが向いている一つの理由でもあるようだ。

短気

気が短いから自分でやる。そのほうが短期で終わるからだ。
だが余り短気でもいけないというのは頭でわかっているということもあり、今までの人生経験から短気を極力回避できている。
「寄るな・触るな・近寄るな」俺が爆発しそうだ。
これが身についてなかったらどれだけ短気と言われたことかわからん。

傲慢

何様気取りになるためにプログラムを使っているというのもある。
俺しかシステムを組めない。
俺が作った。
システムが波に乗ってそのシステムが無くなったら、その時の終りは地獄と化す。
我こそが神である。

Perlは多くの言語と似ていることでLinuxのシェルやカーネルのC言語も何もかもを楽にしてくれる非常に便利で後を助ける言語だ。
後のことも考えられた言語と言える。
それに後のことも考えたということは破壊の呪文も存在する。
極めれば神になれる言語だ。
Windowsが支配する世の中だが、サーバーシステムは未だLinux支配下にある。
これからのネットワーク社会サーバーなくして生きてはいけない。
ラリーウォールの新世界を期待したい。
Perl6はガラッと変わるらしいから低迷はするだろうが、今までの功績は大きいと言える。
インタプリタの世代交代はやもえんよね。
PHP、Python、Ruby・・・
どれかに鞍替えが要る気がする。
今、PHPにしようかと思っているよ。




バイナリ

バイナリーがわかるようになってきた。アドレスのマシン語に対応したアセンブラの命令を見れば何とかなるようだ。( ´∀` )b
だいたい掴めてきた。解析できそうだ。雲が晴れたのでそろそろ英会話に入れるかも❗( ´∀` )b

2016年8月19日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : cgishop

SNS

SNSで動きを知ったとか映画でたくさんやっているし、セキュリティ動向調査で必ずでてくるSNS。知られるなんてーーーー!ということがあって、みんなそれを利用して販売の宣伝を行うが、正直効果が感じられない。
噂と言うのはその場所特定のとこであり、大企業だからといっても知らない人が居るのと同じで必要なとこで噂を流す以外のとこで噂を流したとこでまるで意味がないので流さないので当然知らないとこが出てくる。
こないだパソコンを安く買うのに付き合ったがパソコンメインで見ればパソコンの町だが、アパレルメインで見ればアパレルの町となる。確かに服屋は多い。パソコンは中に入ったとこが多く昔のようなメイン道理のパソコンは非常に減った。消費者の考え方による見え方、販売者の動向による宣伝場所の考え方によって穴ができる。誰でも知っているが誰も知らないという穴場があり、層がある。
売るためだけでなく買うためでも難しいと感じた。
売りたいのにない。買いたいのにない。

2016年8月18日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : cgishop