UbuntuをカスタマイズしたライブCDを作る

UbuntuをカスタマイズしたライブCDを作る

Linux

 Ubuntuには「Ubuntu Customization Kit」(UCK)と呼ばれるオリジナルCD/DVDを作成するソフトが含まれています。それを使って、最小構成のUbuntuを作成してみます。具体的にはデスクトップ環境に「LXDE」、ブートローダーに「LxDM」を採用したものです。

 最初にUbuntuソフトウェアセンターからUCKをインストールします。Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、

f:id:linux_user:20121206170523p:plain

「uck」で検索して表示された「Ubuntu Customization Kit」の右側の[インストール]ボタンをクリックします。これでUCKの導入は完了です。

※以下のパッケージのインストールも必要になりました。

$ sudo apt-get install libfribidi-bin

f:id:linux_user:20121206170837p:plain

 ランチャー上にUCKのアイコンが表示されるので、それをクリックしてUCKを起動します。

f:id:linux_user:20121206171006p:plain

 端末と一緒に上のダイアログが開きます。このダイアログの説明を読んで「ハードディスクに5Gバイト以上の空き領域があること」「インターネットに接続されていること」を確認したら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171241p:plain

 インストールするパッケージの言語を選びます。日本語は「ja」なので、それを選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171431p:plain

 起動時に選択できる言語を選びます。同じく「ja」を選択して[OK]ボタンをクリックします。英語モードでも起動したい場合は「en」も選ぶとよいでしょう。

f:id:linux_user:20121206171635p:plain

 起動時にデフォルトで選択される言語を選びます。「ja」をクリックしてオレンジに表示されたら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171837p:plain

 利用するデスクトップ環境を選択します。今回は「LXDE」のみなので、「others」を選び、[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172108p:plain

 基になるUbuntuのISOイメージを選択します。なお、Ubuntu 12.10 日本語Remixでは必要なファイルが含まれていないので、国際版(?)のUbuntu 12.10のISOイメージを使います。イメージを選んだら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172359p:plain

 作成するCD/DVDに名前を付けます。「Customized Ubuntu live CD」を任意の名前に変更して[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172617p:plain

 細かくカスタマイズしたい場合は「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172749p:plain

 Windows関連のファイルを削除する場合は「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172905p:plain

 CD/DVDと、USBメモリーと両方で利用するイメージを作成する場合には「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします(これでUSBメモリーに「dd」コマンドで書き込めます)。

f:id:linux_user:20121206173049p:plain

 これでカスタマイズを開始する準備が完了です。[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206173223p:plain

 端末上にパスワードを要求するメッセージが表示されます。ユーザーのパスワードを入力してroot権限で実行できるようにすると、UbuntuのISOイメージが必要なファイルと共にホームディレクトリーの「tmp」ディレクトリー以下に展開されます。

f:id:linux_user:20121206173957p:plain

 しばらく待つと、上のダイアログが表示されます。カスタマイズはGUIよりもコマンドラインの方が楽なので「Run console application」を選んで[OK]ボタンをクリックします。新たに端末が開くので、その端末上で、

$ apt-get remove –purge -y unity*

$ apt-get remove –purge -y gnome*

$ apt-get remove –purge -y anthy*

$ apt-get remove –purge -y libreoffice*

$ apt-get remove –purge -y account-plugin-icons

$ apt-get remove –purge -y appmenu*

$ apt-get remove –purge -y cups*

$ apt-get remove –purge -y brasero*

$ apt-get remove –purge -y compiz*

$ apt-get remove –purge -y colord

$ apt-get remove –purge -y empathy*

$ apt-get remove –purge -y firefox*

$ apt-get remove –purge -y evince*

$ apt-get remove –purge -y evolution*

$ apt-get remove –purge -y print-driver*

$ apt-get remove –purge -y foomatic*

$ apt-get remove –purge -y lightdm*

$ apt-get remove –purge -y nautilus*

$ apt-get remove –purge -y rhythmbox*

$ apt-get remove –purge -y sane*

$ apt-get remove –purge -y ubiquity*

を実行し、不要なパッケージを削除します。「ubiquity」で始まるパッケージはUbuntuのインストーラーです。

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | apt-key add –

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | apt-key add –

$ wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

を実行して日本語向けの修正パッケージを含んでいるリポジトリーを追加します。さらに、

deb http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal main restricted

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-security main restricted

deb http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates main restricted

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-backports main restricted universe multiverse

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu quantal-security universe

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu quantal-security multiverse

の内容に「/etc/apt/source.list」ファイルを書き換えます。これで、Ubuntuで提供されるソフトウエアのほとんどを入手できます。

$ apt-get update

$ apt-get upgrade

を実行し、パッケージを最新版に更新します。

$ apt-get install lxdm lxde ibus-mozc vim

を実行し、デスクトップ環境、ディスプレイマネージャ、日本語変換ソフト、テキストエディタをインストールします。なお、この状態でライブ起動した場合、「/usr/bin/startlubuntu」がないというエラーが出るので、

$ ln -s /usr/bin/startlxde /usr/bin/startlubuntu

を実行し、LXDEの起動コマンド「startlxde」のシンボリックリンクとして、デスクトップ環境を起動する「startlubuntu」コマンドを作成します。

$ apt-get install zenity libfribidi-bin libcanberra-gtk-module

を実行し、ISOイメージの作成に必要なパッケージを導入します。

 Wndowsマシンで起動するとPCの時刻がおかしくなるので、「/etc/default/rcS」ファイルの「UTC」の値を、

UTC=no

のように「yes」から「no」に書き換えます。

$ exit

を実行すると、

f:id:linux_user:20121206173957p:plain

先ほどのダイアログが表示されます。「Continue building」を選んで[OK]ボタンをクリックします。これで数分待てば、

f:id:linux_user:20121206182244p:plain

のダイアログが開き、ISOイメージファイルがホームディレクトリーの「tmp/remaster-new-files」以下に「livecd.iso」として保存されます。



ブログサイト変更しました。

ブログを自分のサイトに変更しました。

・・・と言ってもレンタルサーバーですけど。

自鯖で行うこともできますが、自鯖よく切りますのでレンタルサーバーです。

アメブロをやりだしてからワードプレスも勉強していてようやくわかるようになった。

インストールしてSEOのプラグインやら設定やら・・・

書いても検索に引っかからんとか思っていたらやり方が違っていた。最近ようやくわかった。

ある程度分かってきて、アメブロより自由度が高いので変えました。

自分なりのものが作れることになり、設定も細かく出来て分かると楽しい感じになった。

前から本を読んだときにネットでの検索には非常にヒットしやすいとあったので何とかならんかと勉強していた。

ようやくここまで来たって感じだ。

アメブロやっていてどうも好かんのは、広告が載せられないことだった。

アメブロはグーグルが自分で載せられないのでどうしてもなんかもったいない気がしていた。

面白く続けられるのに頑張っても小遣いにならん。

ヒットするようなものかいても金にならんのかと金の亡者のような考えがいつも浮かんでは消えていた。

だが、これで解決だ。

自分のサイトに載せることができる。

みんなが知りたいということをようやく書いても良い気になった。^^v

 



2015年10月30日 | カテゴリー : 開発 | 投稿者 : cgishop

UbuntuのXP化

ubuntuのXP化が動画で流れていたがうまくいかなかった。

リポジトリーが読み込まない。

一発目がエラーになる

他は良かったのでMATEは入っているようだが、ログインの切り替えにはなかった。

仕方ないのでMintで試してみたい



2015年8月3日 | カテゴリー : 開発 | 投稿者 : cgishop

出品

調子こいてあっちこっちに出品するようになりました。

昔に比べたらスマホでも出せるし、便利になった。

パソコンの本を多数出品予定。

マニア向けばかりなので売れ行きは考え物だが・・・^^;;;;

他にも配送をどうするか考えるようなものもあるので、ちとがんばらんと!

 



自宅サーバー

自宅サーバーは将来的にチャットサイトに切り替えます。

今のサイトは消します。

多くの方が遊べる。

サイトにしていきます

ご愛用ありがとうございました。m(__)m



仮想マシン

仮想マシンを覚えてからマシンが必要なくなったこともあり、買うことがなくなった。

いろいろなOSが試せる。

昔のOSのソフトが使える。

最近では、さらにWineを覚えた。

おかげで仮想マシンを入れなくても使える。

自分で作った昔のソフトも使える。

旧環境は仮想マシンに入れてソフト作成して作る。

そしてWineで動かす。

またさらに今度はLinux用のVBもだいぶわかってきたこともあり、これら全てから脱却することができる気がしてきた。まだまだ実力不足であるが期待はできる。

 

Windowsにとらわれない生活が可能となってきている。

高価なWindowsパソコンを買うのはネット時代の関係上10年に一度で良くなってきた。

勉強の効果がようやく出てきたって感じだ^^v

 



顧客管理システム

CGIの顧客管理システムを作りたいと考えている。

あるところで会員登録したとこでうまく作動していないのをみて自分で作ってみようという気になった。

いくつか見てみたらこれぐらいなら自分で作れる。

こないだテレビでやっていたように

「Made in Japanだから買う、Made in Japanしか買わない」

という品質まで持ちあげたい。

一つ一つは単純な機能だがまとまればいいものに仕上がる。

難しいコード書いても使えないソフトでは意味がない。

使いにくい、意味がわからないでは使えないソフトとなる。

使いやすくて使えるソフト海外での曖昧なソフト作成感覚を日本のシビアなソフトで対抗してみたい

素人だからこれぐらいでもいいというところを脱皮した時点で海外の曖昧なソフトに勝てる。

そこまで出来たら海外向けにスキンファイルで言語対策もしていきたい。

言語対策のいらないソフトであり、Made in Japan だから大丈夫というソフトは、ちょっとした工夫で海外に勝てる気がしている。

英語、中国語、タイ語、意外な形で輸出可能な製品が生み出せる。

最近日本内部で収まらず海外への国境を超えることに目を向けだして依頼、何かと面白くなってきたのだが、如何にして超えるかを問題視している。日本にいながらにして国境を超えることができるのはインターネットだけだ。

輸入ができるならこんどは輸出がしたい。頑張ってみる

 



ソースは以下で入手できます

Linux Kernel のソースは以下で入手できます。
The Linux Kernel Archives
http://kernel.org/

Ubuntu のソースの入手法は以下の記事が参考になるでしょう。
Ubuntuのソースの入手場所
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=7338

Fedora のソースの入手法については以下の記事が参考になります。
yumで最新版のソースファイルをダウンロードするには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/942yumdownload.ht…
[Linux]fedoraでコマンドのソースコードが見たくなった時
http://k4zmblog.dtiblog.com/blog-entry-225.html

[参考記事]
拡張子が.bz2のファイルを圧縮・展開するには(CUI編)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/454expbz2cui.html
【 tar 】 ファイルを書庫化・展開する(拡張子.tarなど)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230896/?ST=oss
【 bunzip2 】 ファイルを展開する(拡張子.bz2)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230721/?ST=oss
【 bzip2 】 ファイルを圧縮・展開する(拡張子.bz2)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230722/?ST=oss



CGI

ベクターでCGIをシェアウェアで出す。
シリアルコード入れて認証したら限定解除される仕組みにする。
それと同時にコードを入力してファイルをダウンロードしてもらうことで正規品として使えるようにする。
たまにVB作ろう。
慣れてきたらCも勉強したい。