CGI Shop

祇園祭

今年はやるらしいね祇園祭
京都の祇園祭が発祥らしい
毎年やっていたのかどうかは知らんがコロナであったりなかったりだろう
始めてやっているのを見たときに市で雇われたカメラマンがいてかっこいい一眼レフを見て
俺も買おうと思った
それから数年がたちそろそろコロナも終わるころにようやく一眼レフを買って覚えた
イエローダイヤモンドの泉などはカメラの光加減などを学んで!というのは嘘で
日光の当たり具合と絞り優先とかの自動がほとんどで何枚かのうちの一つになる
良いのが一枚撮れた。
そんな感じでいつもとっている。
祭りの時に俺や子供が撮っているときにカメラマンが気を使って被写体に入らないように避けてくれたプロ意識には心が痛んだ
新たなカメラマンとか最近のYouTubeとかのことも考えて譲ってくれたのだろう。
あの時の子供はどうなったか知らんが、俺は見てのとおり一眼レフも動画用もキャンプ道具までそろえて出かける始末
YouTube動画も腕を上げている。
自動翻訳で8か国、表示は10か国になっているけどね。
あの時は中国輸入もやってなかったし輸出もやってなかった。
今では、何とか輸出しようとサイト構築を行っている
当然そこでもカメラの力は十分発揮されている
ISO感度やら絞りやらフラッシュが要るとか要らんとか商品撮影や動画のサムネイルのバック画像とか
ネットでカメラは必須であることから学んで損はないと思っていたので頑張った。
祇園祭のわっかはやるようだが奉納はやらないとあったので動画撮る面白みはなさそうだね。
意外と厳かにやってるんだと思ったあの時から始まってのカメラの勉強
おかげで家のなかばかりから外に出るようになり、大事なポケモンゲットの代わりになった。
感謝しとるわ。
ゲームやらんからな・・・^^;;