スマホ
日記

スマホ

スマホが災害時に使えるように衛星を通して通信ができるように法整備されるようだ
日本語なら漢字1文字2バイトだったとしても
1メガで1000バイト500文字送れる
周波数が高ければ雲などの邪魔は入るものの、衛星放送が見れている今の現状を踏まえれば
問題はないに等しい
画像を送れなくてもテキストだけなら非常に軽い
流行りのメールツイッターなら問題はないことになる
インターネットはもともとブラウザを通してテキストデータで送られている
そこに肉付けとして画像がついて色々と使えるようになった
基本はテキストデータ
データーベースとして生まれたこともありタイトルと説明もついて検索がしやすい
国で使われているマイクロ波や気象で使われるミリ波帯などの地上に衛星からつなぐ
とすれば効率化は上がると思う
衛星から東京の基地局に繋がれていれば北海道の基地局から衛星を通して別の衛星につないで東京の基地局
スマホから直接衛星ならテキストだけとか
リソースの良いほうが使える
災害で晴れていて直接衛星に繋ぐならテキストで混雑しない
災害で近くの衛星に繋ぐ基地局が生きていればそこから衛星につないで別の衛星に直接見通しない距離で接続して他県の基地局に繋ぐことで画像とかも行けるのではないだろうか
インターネットのテキストベースとデータ量からすれば技術的には問題はないはずなので法整備が急がれるのだろう
問題はそれを作る金がどこから出てくるんだろうか?
毎年過去最高の雨が降る九州は作るたびに流されるのでは?
メンテナンスに必要な無線技術者は講習で免許が取れるので人員確保は問題はない
高いとこ嫌だと言わなければ

第1級陸上特殊無線技士、講習取得可、1ヶ月ぐらいだったと思うが。学校休んで取っとけ。電気工事士ぐらい必要な代わりの免許になるかも

航空局のレーダー事務所、警察無線、消防無線などと周波数の取り合いがまた始まるのだろうか?
そうなるとまたスマホ買い替えないといかんかもしれんな
会社のスマホでメルカリ・・・しか方法がない。

Last Updated on 2024年7月5日11:32 am by cgishop